東京で焼肉を食べるなら昼?それとも夜?

東京で焼肉を食べるなら昼?それとも夜?

東京で焼肉を食べるのであれば、お店選びについて悩まれる方が多いでしょう。それは、店の数があまりにも多いからです。数年前から外食系では「肉ブーム」が到来しており、それに便乗したかのように東京の焼肉店もかなりの店が出店しました。ここ2年程のコロナ禍により、閉店を余儀なくされた店もありましたが、多くの店は踏ん張っており、なかにはテイクアウトメニューを充実させたり、オンライン配達プラットフォームが充実したりすることによって新しい顧客を獲得した店もありました。この2年の間、ピンチをチャンス変えたことにより、これまで外食時に焼肉を選ばなかった層までを取り込んだのでしょう。

東京で焼肉を食べるのであれば、昼もしくは夜になるのですが、多くの店では夜の時間帯をメインに営業しています。時短営業を余儀なくされていたときは、夜に早く店を閉めないといけなくなったため、無理をして昼間のランチ営業を始めた店もありましたが、今では普段どおりの営業に戻っています。そのため、夜をメインで店を探す方が手っ取り早いといえるでしょう。夜の営業は17時からの営業という店が多く、アフターファイブに合わせて営業していることが分かります。とはいえ、17時の開店と同時に店に入る人は少なく、お客様が増えるのは19時頃からとなります。そのため、予約をしていない、急に夜に焼肉を食べることが決まったという場合、週末でなければ17時の開店と同時であればスムーズに入店できる店がほとんどだと思われます。



また、夜を選びたくなるのはお酒も飲めるからです。東京の焼肉店にはあらゆるタイプの店があり、古くからある大衆店はもちろん、食べ放題店も最近では高級路線の店が増えてきました。食べたいものをオーダーするごく一般的な焼肉店が出すような肉質にこだわり、「ちょっと贅沢な食べ放題」としてファミリー層を中心に人気のある業態です。しかし、東京でも都内の場合は、おしゃれな高級路線の店が好まれる傾向があります。このような超高級という位置づけではなく、かといって大衆店からも遠い店というのは普段使いもできるし、大切なときにも利用できる店として求められている業態です。このような店では、おいしい焼肉が食べられることはもちろん、同時においしいお酒も楽しむことができます。そのため、客層もファミリー層から友人同士、会社の同僚、接待、デートなどあらゆるときに利用できます。お酒が飲める店であるため、非日常を味わえる点もストレスの多い大人たちには喜ばれます。

一方、夜と比べるとどうしても昼の焼肉はしっくりこないと思われる方もいるでしょう。しかし、焼肉は摂取カロリーも高くなりがちですし、ご飯が進んでいつもより食べ過ぎてしまいがちです。せっかく食べるなら気にせず食べたいという場合は、昼に食べた方が体重を気にせずに済むでしょう。また、昼から大事な仕事が控えている、体力を使う仕事をしているという場合はしっかりカロリーを摂ることにより、パワーが発揮できます。



東京の焼肉はランチ営業をしている店が少ないといっても、相当な数があります。夜は食事を控えている人やママ友ランチ会で昼間しか外出できない場合には重宝される営業と思われます。しかし、ランチの場合はメニューがどうしても限定されますし、ゆっくり食事を楽しむ時間がそこまで取れないのではという印象も受けます。こういうとランチで焼肉を食べるという選択は厳しいのではと思われますが、最大のメリットとしてお手頃価格で食べられるという点があるでしょう。肉質は変わりませんし、タレなども同じものを使っているのでコスパは最高に高いです。昼のランチでお邪魔して気に入った店を夜利用するというケースもあるので、どこで店側もリピーターを獲得することになるのか分かりません。

最新投稿

  • [2022年06月22日]
    ホームページを更新しました。

  • [2022年06月22日]
    運営者情報を追加しました。